ニキビ跡 原因 改善

男性に多いニキビ跡と、その原因とは?

 

 

男性でも、ニキビ跡で悩んでいる人って、多いのではないでしょうか?

 

ニキビと同じように自然と消えるものだと思っていたら、なかなか治らない・・・

 

そんな頑固なニキビ跡が残ってしまう原因は何なのかを、説明します!

 

 

自然に消える跡と、消えない跡の違いは?

 

ニキビ跡は、その種類によって治りやすさが違います。

 

一般的に、適切なケアができていれば自然と消えていくのが、「赤み」「色素沈着」によるニキビ跡です。

 

ニキビの炎症が治まれば、赤みは引いていきます。

 

また、色素沈着は少し時間がかかりますが、ターンオーバーで剥がれて目立たなくなります。

 

 

厄介なのが、クレーターみたいな凸凹状のニキビ跡です。

 

こうなると、セルフケアによる完治は難しくなってしまいます。

 

 

凸凹ニキビ跡ができる原因とは?

 

凸凹ニキビ跡は、表皮の下にある真皮細胞までぽっかりと穴が空き、ダメージを受けている状態です。

 

赤ニキビの炎症や、黄ニキビの化膿が酷くなると、広い範囲の皮膚組織が破壊されてしまうのが原因です。

 

 

特に、凸凹ニキビ跡は男性によく見られる症状です。

 

その理由は、以下の通りです。

 

 

・男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌量が多くニキビができやすい

 

・男性の肌は乾燥しやすく、ニキビが悪化しやすい

 

・強い洗浄力の洗顔料や保湿不足により、ニキビが治りにくい

 

 

凸凹跡は、ドラッグストアなど一般的な販売店のニキビケア用品でも、治りにくいです。

 

普通の販売店に置いていない、ニキビ跡のスペシャルケアには、薬用デニーロがおすすめです!

 

⇒薬用デニーロの公式サイトはこちらから

 

 

男性のニキビ跡を自分で改善する方法とは?

 

赤みや色素沈着によるニキビ跡、そして男性に多くなかなか消えない凸凹ニキビ跡。

 

それぞれに有効な改善方法は、こちらです!

 

 

自分でニキビ跡を改善する方法は?

 

男性のニキビ跡ケアは、以下のステップで行いましょう。

 

@洗顔・クレンジングで、過剰な皮脂をしっかりオフする。

 

A化粧水で肌に水分を補う。

 

B乳液や美容液でフタをし、水分の蒸発を防ぐ。

 

 

以上がしっかりできていれば、赤みや色素沈着によるニキビ跡は、自然に改善されます!

 

これでも治らないようであれば、皮膚科でピーリングやレーザーなどの治療が必要になります。

 

 

ニキビ跡の改善におすすめなケア用品は?

 

特に、ニキビ跡の改善には、洗顔料・クレンジング・化粧水の選び方がポイントです。

 

 

洗顔料⇒抗炎症成分や保湿成分が入っており、かつ洗浄力が高いもの。

 

クレンジング⇒肌への摩擦が少なく、洗い流しやすいもの。

 

化粧水⇒抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」や、美白作用のある「ビタミンC誘導体」が入っているもの。

 

 

化粧水選びについては、配合成分である程度絞ることはできますが、難しいのは洗顔料・クレンジング選びです。

 

販売店のコスメの棚にズラッと並んだ商品を見て、戸惑ってしまうのではないでしょうか?

 

皮脂量が多く、かつ乾燥しやすい男性の肌ケアは結構難しく、ぴったりの商品は、実はそう多くありません。

 

 

男性の肌悩みに特化した商品でおすすめなのは、医薬部外品の「薬用デニーロ」です。

 

いつもの洗顔の後に塗るだけでOKなので、手軽にニキビケアができます。

 

ニキビの炎症に有効なグリチルリチン酸2Kや美白成分も配合されてり、ニキビ跡の改善にも最適です!

 

一般の販売店では市販されていないので、こちらからご購入ください。

 

⇒薬用デニーロの公式サイトはこちらから